[PR]

 ポーランド大統領選の決選投票が24日、投開票された。出口調査によると、最大野党の右派「法と正義」のアンジェイ・ドゥダ氏(43)が得票率約53%を獲得し、現職のブロニスワフ・コモロフスキ大統領(62)の約47%を上回った。コモロフスキ氏は同日夜に敗北宣言し、ドゥダ氏の勝利が確実な情勢となった。

 ドゥダ氏は法律家出身で、昨年から欧州議会議員。選挙戦では、税制・年金制度の改革などを訴えた。大統領に選出されれば、同国史上2番目の若さでの就任となる。

 今回の大統領選は、10月に予定される総選挙の前哨戦といわれていた。同国は2004年に欧州連合(EU)に加盟し、堅調な経済を維持しているが、貧富の格差が拡大。現政権への不満票がドゥダ氏に流れたとみられる。同国では実質的な政治権限の多くは首相にあるが、大統領も法案への拒否権や外交政策への関与など儀礼にとどまらない権限を持つ。

 選挙管理委員会による公式結果…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも