【動画】酒米の田植えをする「日本酒応援団」のメンバーたち=石川達也撮影
[PR]

 島根県の山あいの町で、東京の若者たちが日本酒造りに燃えている。中心になっているのは畑違いのIT企業社長2人。「日本酒愛」が高じて、1月に初挑戦したところ、完成した純米酒がほぼ完売。2度目は酒米作りから手がける。

 松江市から南西約60キロにある島根県雲南市掛合町(かけやちょう)。山あいの田んぼに5月、おそろいのTシャツを着た若者たちの姿があった。東京を中心に集まった「日本酒応援団」のメンバーだ。

 酒米の田植え初日。素足で田んぼへ。ひざ下まで泥につかり、腰を落として苗を植えた。「米作りから大変さを実感できるのはいい。もっと酒に愛着が持てそう」。東京のIT企業社長、古原忠直さん(37)は、泥だらけの手で笑顔を見せた。

 古原さんは昨秋、同じくIT企…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら