[PR]

 戦前戦中に主流だったモーター駆動方式と最新のブレーキ方式など、新旧の技術が入り交じった滋賀県湖東地方の近江鉄道「220形電車」が31日、ラストランに臨む。複数の動物が融合した伝説の怪物「キメラ」にもなぞらえられる異形の電車が、独特のうなり声を上げて全線を走る。

 220形は八日市(東近江市)―貴生川(きぶかわ、甲賀市)間を運行していたレールバスに代わり、輸送力不足を補おうと開発。1991~96年に同社彦根工場で6両製造された。

 車体長17メートルの1両編成。新造ではなく、古い電車の機器や部品を流用して作る「車体更新車」だ。親会社の西武鉄道などのお古を使ってきた同社のお家芸で、「吊(つ)り掛け駆動」という走行装置を古い電車から流用した。モーターで直接車軸を回す構造で低コストだが、揺れや騒音が大きい。JRや大手私鉄の電車からほとんど姿を消した“博物館級”の方式だ。

 「ゴーッ」といううなり声は、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら