[PR]

 岩手県奥州市内の山林で25日夜に女性の遺体が見つかり、県警は26日未明、同市前沢区の農業渡辺豊容疑者(40)を死体遺棄容疑で逮捕した。県警の調べに対し、「遺体を埋めた」と話しているという。県警は司法解剖して死因の特定を急ぐとともに、殺人容疑なども視野に捜査を進める。

 県警によると、遺体は、行方不明になっていた同市水沢区の水道管理会社員、伊藤友美さん(31)。伊藤さんと連絡がとれないと、22日に知人から届け出があった。伊藤さんの足取りを調べると、水道メーターの検針員として22日午後、渡辺容疑者宅を訪れていたという。

 県警が渡辺容疑者に事情を聴いたところ、伊藤さんを遺棄したと供述。その供述に基づいて捜索し、25日午後10時ごろ、容疑者宅から南に約2キロ離れた山林の土の中に埋められた遺体を発見した。

 県警は26日、伊藤さんが監禁されていた疑いがあるとして、渡辺容疑者の自宅を家宅捜索している。