[PR]

 代助は兄嫁・梅子に借金を申し入れるが、断られてしまう。縁談話を嫌がる代助に梅子は、好きな人がいるのではと尋ねる。不意に彼の心に浮かぶのは三千代の名だった――。新聞で日糖事件が報道され、世間では大疑獄と騒いでいる。父や兄がまったく「神聖」とは思わないし、会社にも何が起きるかわからないが、いま代助が気にかかるのは三千代のこと。金策の返事を聞きに1人で訪れるのを心待ちにしていたが、音沙汰がなかった。

こんなニュースも