[PR]

 大相撲夏場所で初優勝を遂げた照ノ富士(23)=伊勢ケ浜部屋=が27日、大関に昇進した。夢をつかむことができたのは、「とっても大切な2人」のおかげだという。兄弟子で付け人の駿馬(しゅんば)(33)=本名・中板秀二=と、呼び出しの照矢(32)=本名・近藤大督(だいすけ)。3人は閉鎖された間垣部屋時代からの絆で結ばれている。

 24日の千秋楽。優勝が決まり、十重二十重の報道陣に囲まれた照ノ富士が、無言で駿馬と一緒に姿を消した。喧噪(けんそう)を避けるように支度部屋の裏へ。そこに、照矢の姿があった。3人で手を握り、笑って、泣いた。

 出会いは、照ノ富士が19歳の時。相撲留学した鳥取城北高校を中退し、入門した間垣部屋に2人がいた。

 当時の間垣部屋は、親方(元2代目横綱若乃花)が病に倒れ経済的な問題を抱えていた。関取衆が多い部屋と違い、差し入れも少ない。弟子たちが自ら、親類や知人に差し入れを頼んで食いつないだ。駿馬は「肉を買って食べられる余裕はなかった」と振り返る。

 力士は4人の小所帯だった。それでも稽古は激しくやった。すでに身長190センチを超えていた照ノ富士に、163センチの駿馬が何十番も胸を出した。照ノ富士は序ノ口、序二段、三段目をすべて一場所で通過。稽古にほとんど来なかった師匠に代わり、駿馬が惜しみなく相撲を教えた。

 稽古場の外では、2人が教育係だった。普段は裏方として部屋の仕事を切り盛りしている照矢が言う。「しっかり者の駿馬が長男。俺が次男で、やんちゃだけどかわいい三男がガナ(照ノ富士の愛称)。色々と大変なこともあったけど、楽しかったなあ」

 洗濯物をため、部屋を汚してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら