[PR]

 小型無人飛行機(ドローン)を祭りの場で飛ばすと示唆したとして逮捕された横浜市の無職少年(15)が、複数の支援者から資金を得ていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、少年が警察官とのトラブルなどの動画を配信して支援者を増やし、1台約15万円するドローン購入などに充てたとみている。

 少年の逮捕容疑は、今月中旬、東京・浅草の三社祭でドローンを飛ばすことをほのめかす動画をネットに投稿し、主催者に警備を強化させ業務を妨害したというもの。「ドローンを飛ばすとは言っていない」と容疑を否認しているという。

 警視庁などによると、少年は「配信業」を自称し、複数の動画共有サイトに動画を投稿していた。自身のウェブサイトでは口座番号を公開して寄付を募集。サイトのバナー広告枠や、「公式グッズ」として自作のミサンガや文房具を販売。ある通夜会場の様子を生中継して関係者とトラブルになったり、各地でドローンを飛ばしたりする様子を流し、視聴者を増やしていった。

 少年が配信に使っていた動画共…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら