[PR]

 高血圧をワクチンで治療できるかも――。大阪大の研究グループは、独自に開発したワクチンをラットに使ったところ、血圧が6カ月間下がったと発表した。人間でも効果があれば、飲み薬の量を減らせる可能性があるという。

 米専門誌電子版に27日、論文が掲載された。

 血液中にある「アンジオテンシンⅡ」という物質は、血圧を上昇させる働きがある。研究グループは、この物質の働きを抑えるワクチンを作り、高血圧を発症したラットに注射したところ、このワクチンを注射しなかったラットの血圧と比べ、6カ月間にわたって最大で約2割下がっていた。心臓を保護する効果も確認できたという。

 すでに海外では血圧を下げるワ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら