[PR]

 日本列島は27日も広く高気圧に覆われ、午前中から各地で気温が上がった。東京都心では午前8時前に最高気温が25度を超え、5月に入って19回目の夏日となった。気象庁が1876年に観測を始めてから5月としては過去最多。正午前には30度を超え、「真夏日」となった。

 気象庁によると、今年は5月前半に台風が日本付近を北上し、太平洋高気圧が北に押し上げられた。この影響で関東地方では広い範囲で晴れ、気温の高い日が多くなったという。

 関東地方は週末にかけて曇りがちの日が増えるが、気温の高い状態が続く見通し。気象庁は熱中症への注意を呼びかけている。