[PR]

 無料通信アプリ「LINE」で知り合った東京都内の会社員の男(21)にペットのトイプードルを虐待させた後、動物愛護団体を名乗って罰金名目で金をだまし取ろうとしたとして、県警は27日、いずれも16歳の県内の男子高校2年生3人と元同級生の無職少年(17)を詐欺未遂の疑いで書類送検した。またこのうち少年2人と会社員の男を動物愛護法違反の疑いで書類送検した。

 生活経済課と横浜水上署によると、17歳の少年ら2人は2月6日、女性を装って、「犬を虐待しているところが見たい。動画を送って」と会社員にメッセージで要求。会社員は飼い犬の顔を蹴ったり、腹を踏みつけたりした約5分間の動画を撮影し、少年2人に送った疑いがある。

 少年2人は動画共有サイトに映像を投稿。別の少年2人が2月10日から翌日にかけ、「動画を見た。犬を保護する。保護されたくなかったら罰金4万円を支払え」などと会社員に何度も電話をかけ、金をだまし取ろうとした疑いがある。

 LINEでのやり取りは昨秋からで、会社員は「要求を断って嫌われたくなかった。男とは知らなかった」、少年4人は「頼めば何でもやってくれたから」と話しているという。