[PR]

 全国の約2420病院が加盟する日本病院会は27日、終末期医療のあり方についての見解を発表した。延命措置の継続や差し控え・中止を家族らと話し合う場合として、医療現場で想定される六つの具体的な事例を示した。

 六つの事例は、高齢で寝たきりで認知症が進み、周囲と意思の疎通がとれないとき▽高齢で自力で口から食べたり飲んだりできなくなったとき▽おなかに穴を開けて管で胃に栄養を入れる「胃ろう」をつくったものの、口から食べられるまで回復することもなく、意思の疎通がとれないとき――など。

 終末期の判定は、複数の職種による医療チームで行うとした。本人の意思が確認できないときは、家族などから得られる患者本人の推定意思を尊重し、患者にとって最善の治療方法をとることを基本とするとの考えを示した。

 日本病院会は見解について、加…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら