[PR]

 維新の党の松野頼久代表は27日、安全保障関連法案を審議する衆院特別委員会での安倍晋三首相の答弁について、「誠意を感じなかった。もっときちんと答えて問題点が出てこなければ、とても修正にはいかないだろう」と述べ、現状では法案の修正協議に応じることは難しいとの考えを示した。国会内で記者団に語った。

 政権内には、維新が修正協議に応じ、賛成に回ることへの期待感も出ている。松野氏は同日の特別委で「集団的自衛権の(憲法)解釈を変えて法改正しなければいけない事態が本当に起きているのか」と質問。首相は「(危機が)起こらないようにするために、法整備する」とかわした。

こんなニュースも