[PR]

 厚生労働省のエイズ動向委員会は27日、昨年新たに報告されたエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者は計1546人と過去3番目に多かったと発表した。新たな感染者1091人のうち、20代が349人で過去最多となり、年代別でも30代を抜いて最も多かった。

 人口10万人当たりの感染率でみても20代は他の年代に比べて増加傾向が目立っているという。同委員会の岩本愛吉委員長は「感染予防の情報を理解しないまま、性的接触を持つ人が増えているのではないか。身近にHIV感染の可能性があることを、10代のうちから啓発することが大事だ」と話した。