[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設反対を訴えるために訪米した翁長雄志(おながたけし)知事は27日午後(日本時間28日午前)、米ハワイ州で地元選出の上下両院の議員と会談した。翁長氏によると、議員からは日本政府の沖縄への対応を問題視する発言があったという。

 翁長氏が会ったのは、ハワイ州選出のメイジー・ヒロノ上院議員(民主党)とトゥルシー・ガバッド下院議員(同)。ヒロノ氏は、米国の基地政策に影響力を持つ上院軍事委員会に所属している。

 翁長氏によると、会談では翁長氏が「辺野古基地の非民主的な造り方が世界的に発信されると、日米同盟の成熟度が問われる」と説明。沖縄への基地の集中ぶりを数字で示し、「県民は納得できない。辺野古基地(建設)は、怒りの声が満ち満ちていてできない」と述べ、辺野古移設反対の姿勢を伝えた。

 ヒロノ氏は「国と国の問題だが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも