[PR]

 福岡市立席田(むしろだ)中学校の柔道部の女子生徒(13)が、柔道の練習中に頭を打って入院し、その後に死亡したことが28日、関係者への取材でわかった。生徒は当時、技の練習中だったという。市教委によると、28日午後にも記者会見して公表する見通し。

 関係者によると、死亡した女子生徒は1年生。今月22日の放課後、2人1組で技の練習をしていた。生徒は技をかけられた際に頭を打って病院に運ばれ、入院していたが、27日に亡くなった。事故の前に、この生徒が頭痛を訴えていたとの情報もあるという。

 名古屋大大学院の内田良准教授の調査では、2012年度までの30年間に、部活動を中心とする学校管理下の柔道で118人が死亡しているという。