[PR]

 キリンビールは28日、ビールサーバーを家庭に貸し出し、生ビール2リットルを月に2回届けるサービスを始めると発表した。東京、神奈川、千葉、埼玉で8月から1千台限定で始める。来年からは全国に広げ、5万台をめざす。サーバーの貸出料や送料も含め月額で税込み8640円。

 生ビールは琥珀(こはく)色のピルスナータイプでこのサービス専用に小型タンクで仕込む。ビールを劣化させる酸素を通しにくい専用のペットボトルで届ける。配送日は月2回だが、自由に指定できる。

 価格が高めでも、こだわりのある商品を飲みたいという志向が高まっており、そんなニーズに応えるという。キリンの通信販売サイト「ドリンクス」のホームページで7月中旬から受け付ける。(岡林佐和)

こんなニュースも