[PR]

 30日から始まる東京六大学野球の早大―慶大戦を盛り上げようと、応援部員が企画したポスターが注目を集めている。「ハンカチ」「ビリギャル」といった両校の個性を示したキャッチコピーで挑発し合い、対決ムードを高める。

 「ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん」。慶大チアリーダーがあおれば、早大チアが「ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶應さん」と返す。「ハンカチ」とは早大OBで日本ハムの斎藤佑樹投手。「ビリギャル」は学年最下位から勉強して慶大に合格した女子高生のことだ。他にも野球部版、吹奏楽部版、応援団版、マスコット版と計5パターンある。早大用は「早慶戦」、慶大用は「慶早戦」となっている。

 企画したのは慶大応援指導部の堤史門(しもん)主将(21)で、「いつ慶早戦が行われているか知らない学生もいて、広く知ってほしかった」。広告会社の電通でコピーライターをしている部OBの近藤雄介さん(23)に相談した。

 「お互いを尊重しているから言…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら