[PR]

 自転車に乗って悪質で危険な運転を繰り返すと、講習の受講命令や罰金が科される制度が、6月1日からスタートする。道路交通法で「軽車両」に位置づけられているものの、免許が不要で気軽に乗れる自転車。県警はこの機会に、「運転マナーを見直してほしい」と呼びかけている。

 6月1日に改正道路交通法が施行され、14歳以上の自転車運転者を対象に、信号無視や酒酔い運転など14項目の「危険行為」が定められる。これらの行為を3年間で2回以上繰り返し、検挙されるなどすると、約3時間の講習が義務づけられる。命令に違反して3カ月以内に受講しないと、5万円以下の罰金が科せられる。

 イヤホンで音楽を聴きながら、または、雨の日に傘を差しながら自転車に乗るなどして事故を起こした場合も、安全運転義務違反に問われることがある。

 県警交通企画課によると、県内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら