[PR]

 大阪桐蔭中学・高校(大阪府大東市)の裏金問題で、同校を運営する学校法人大阪産業大学が、前校長と前事務長に加え、元進路指導部主事を業務上横領容疑で刑事告訴することが学校関係者と大阪府への取材でわかった。法人は前校長や現校長ら学校関係者9人を懲戒処分の対象にする方針という。

 法人が委託した第三者委員会の調査によると、元進路指導部主事は模試受験料の徴収を担当。昨年秋の問題発覚後、学校の金庫で発見された模試受験料などの一部約2100万円のうち、約1200万円を「予備校や大学との懇親会費などに使った」として返金していた。関係者によると、法人は「証言の信頼性や返金額に疑問が残る」として告訴を決めた。

 また、学校側が百貨店で購入し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら