【動画】噴火から一夜明けた口永良部島=井手尾雅彦撮影
[PR]

 29日に爆発的に噴火した鹿児島・口永良部(くちのえらぶ)島の新岳(しんだけ)(標高626メートル)は30日午前10時50分、連続噴火が停止したもようだと、気象庁が発表した。ただ気象庁は「今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が起こる可能性もある」とし、30日午後1時の時点でも噴火警報は出されたままで、噴火警戒レベルも5(避難)が維持された状態になっている。

 気象庁によると、30日午前0~8時に観測した火山性地震は3回。噴煙の高さは30日朝は200メートルほどになった。また、新岳では爆発的な噴火直後に観測された、地下のマグマの移動を示す火山性微動は、現在は観測されていないという。

 気象庁によると、火砕流が流れた山の北西側の中腹では30日未明、火砕流で降り積もった火山灰などが、熱を帯びて赤く光っているような現象が確認された。気象庁は30日も上空から新岳の状況を確認するとともに、噴火直後に島内で採取した火山灰についても分析を進め、噴出物の特定を進める。

 新岳では29日午前9時59分の噴火後、午後0時21分までに火山性地震を集中的に観測したが、その後は一時的に収まりをみせている。午前10時台は77回、同11時台は75回、午後0時台に37回の地震を観測した後、29日は午後5時台の1回だけで、29日に観測された計198回の火山性地震のうち、大半が噴火後2時間半に集中していた。(鈴木逸弘)

関連ニュース