[PR]

 神奈川県伊勢原市で29日夜、路上で倒れていた男性(42)を搬送するために現場に着いた救急車が、過って男性の左足をひき、男性はつま先の骨が折れる重傷を負った。市消防本部が30日、発表した。渋滞で停車スペースがなく、男性の横をすり抜けようとした際にひいたという。男性は別の救急車で病院に搬送された。

 消防本部によると、29日午後7時45分ごろ、伊勢原市岡崎の市道で「酔っぱらいが倒れている」との通報があった。救急車が現場に行くと、市道の真ん中で男性が倒れていた。

 通常の運用では、救急車は傷病者の手前で停車し、状態を確認するようになっている。だが、渋滞で止められず、横をすり抜けようと低速で進んだところ、男性が急に体の向きを変え、左足を後輪でひいたという。市消防本部は「今後はこのようなことがないよう指導していきたい」とし、男性に謝罪する予定。