【動画】皇居で古式馬術を披露=宮内庁提供

 天皇、皇后両陛下の傘寿を記念した古式馬術の観覧会が30日、皇居内の埒(らち)馬場で開かれ、安倍晋三首相や閣僚、歴代の三権の長ら160人が出席した。宮内庁主馬(しゅめ)班が保存に努めている「打毬(だきゅう)」と「母衣引(ほろひき)」の馬術演技が披露され、両陛下は盛んに拍手を送った。

 打毬は、8騎の馬に乗った競技者が赤と白の2組に分かれ、毬門(きゅうもん)という直径60センチの穴に毬を投げ入れる競技。大声を上げながら競い合う様子を、両陛下は身を乗り出すように見守った。

 皇居・宮殿で茶会もあり、天皇陛下は招待客を前に「今後とも私どもは国民の幸せを願い、国と国民のために力を尽くしていきたいと思います」と述べた。(島康彦