[PR]

 USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の国内2カ所目のテーマパークの候補地となっている沖縄県本部町の国営公園「海洋博公園」を30日、和泉洋人首相補佐官らが視察した。視察後、和泉氏は記者団に対し、「沖縄全体の発展のためにプラスになるのであれば、規制改革についても検討したい」と述べ、テーマパークの建設に必要な規制緩和を検討する考えを明らかにした。

 同園は沖縄本島北部にある国営公園。「沖縄美(ちゅ)ら海水族館」のほか、植物園や海水浴場がある。この日は、和泉氏とUSJの森岡毅執行役員、同県の安慶田(あげだ)光男副知事らが、園内を1時間半かけて回った。

 和泉氏は視察後、テーマパークをつくる場合に障害になる規制として、「建物をあまりつくれない建ぺい率規制とか、管理を行う場合の手続きとか、詰めるべき課題がたくさんある」などと指摘。こうした規制の緩和を検討し、誘致を後押しする考えで、「まだ場所は決まっていないが、ふさわしい使い方をして沖縄の活性化につなげるのが重要だ」と語った。

 USJ誘致には、同県名護市も名乗りをあげている。USJの森岡氏は「候補地は絞りきっていない」とした上で、「結論を出す最終フェーズに来た」と述べた。和泉氏は「スケジュールのため」として、名護市の候補地の観光施設は視察しなかった。(山岸一生)

こんなニュースも