[PR]

 30日の東海地方は高気圧に覆われ、気象庁によると、三重県桑名市で全国最高の34・1度を記録するなど、各地で30度以上の真夏日になった。愛知県岡崎市は5月の観測史上最高の32・8度、名古屋市も33・1度で今年一番の暑さだった。

 30日午後3時半ごろには、岐阜県七宗町のJR高山線下麻生―上麻生駅間で、線路を点検中の係員がレールのゆがみを見つけた。最大で6・3センチ外側にゆがんでいた。同線は同区間を含む上下線で3時間近く運休した。JR東海は、気温の上昇でレールが膨張したとみている。近くの同県美濃加茂市は33・4度まで上がった。