[PR]

 米国家安全保障局(NSA)が実施してきた不特定多数の電話通信記録の収集の根拠としていた「愛国法」の規定が1日午前0時(日本時間同日午後1時)、失効した。米捜査当局による情報収集活動はいったん一部停止することになる。

 米上院では期限切れ直前となる5月31日、日曜日に異例の審議を行い、規定の延長などを模索。ただ、延長や新法案の可決もできずに失効期限を迎えた。今後、数日以内に新法案の採決が行われる見込みだが、ホワイトハウスは国家の安全保障に関わる重要な問題だとし、「上院議員は党派による動機は脇に置き、速やかに行動するべきだ」との声明を出した。

 NSAによる記録などの大量収…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら