[PR]

 鶴岡市立加茂水族館がリニューアルオープンして1日で1周年を迎えた。年間入館者数が過去最高を大幅に更新する約83万5千人となる一方、周辺に交通渋滞を引き起こしたり、入館待ちの長い行列ができたりするなど、課題も浮き彫りになっている。

 1日は開館に合わせてセレモニーがあり、奥泉和也館長や村上龍男・前館長ら関係者が、入館者とともにくす玉を割って祝った。

 加茂水族館は昨年6月1日、市が総事業費約30億円を投じてリニューアルオープンした。ギネス世界記録に認められたクラゲの展示種類数に加え、直径5メートルの円窓がある大型水槽にミズクラゲが泳ぐ壮大な展示などが呼び物で、入館者数は10月に50万人を突破し、5月末で83万5796人に達した。過去最高は2012年度の27万人で、その3倍超にまで増えた。

 シニアアドバイザーの村上前館…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら