[PR]

 日本年金機構がサイバー攻撃を受けて個人情報が流出した問題で、流出した情報の一部が、東京都港区にある会社のサーバーから見つかった。2日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は、このサーバーが、年金機構の情報を引き出すために何者かによって悪用されたとみている。

 捜査関係者によると、見つかったのは流出した約125万件の一部。警視庁は機構側から漏れた情報の流れなどを捜査して、このサーバーを特定した。

 このサーバーは、ウイルス感染させた機構のパソコンに様々な命令を出すなどして、システム内にある個人情報を引き出して蓄積するといった目的に使われたとみられる。ウイルスメールの送り主が何らかの手段を使って悪用できるようにした可能性がある。

 ウイルスメールの送り主は身元…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら