[PR]

 下痢や腹痛を繰り返す腸の難病「潰瘍(かいよう)性大腸炎」など腸の病気の患者に、健康な人の便を移す治療の臨床研究に千葉大医学部付属病院(千葉市)が取り組んでいる。便によって腸内の細菌のバランスが改善し、症状が治まる可能性があり、治療の安全性や効果について確認する。

 人間の腸内には数百種類、数百兆個の細菌がすんでおり、栄養分を分解したり、病原体の感染を防いだりしている。

 潰瘍性大腸炎などの患者は、腸内の細菌の種類が少なかったり、偏りがあったりするという。発症する原因はわかっていないが、最近の研究で腸内細菌との関連が明らかになってきた。潰瘍性大腸炎の患者は国内に16万人以上いるとされる。

 今回の臨床研究で行うのは「糞…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら