[PR]

 日本人になじみ深いシロザケを淡水の養殖池で育てて、特産品として売り出そうという試みが、山形県の内水面水産試験場(米沢市)で進んでいる。刺し身で食べてもおいしく、ついた名前は、高級魚で知られる鮭児(けいじ)をもじって「鮭子(けいこ)」。低迷する同県の養殖業界の救世主となるか期待されている。

 きっかけは、温暖化で放流に適した時期が早まり、稚魚を早く育てる研究を2011年に始めたことだ。放流せずそのまま養殖池で大きくなったシロザケを、試験場に13年に着任した阿部信彦・生産開発部長が刺し身で試食し、うなった。「とにかく上品。川魚のにおいがなく、脂ものっている」

 シロザケは川で孵化(ふか)して海に出て、成長して4年後に生まれた川に戻ってくるのが一般的。これに対し、試験場が同県遊佐町の月光川水系で13年秋に採ったシロザケの卵約1千粒をわき水の養殖池で孵化させて育てたところ、約500匹が1年半で体長25~30センチになった。3年で出荷が可能な40センチまで育つという。シロザケは神経質で飼いにくいが、人になれやすいニジマスと一緒に円形水槽で飼うなどの工夫を重ね、生存率を高める技術も開発した。

 海水で育ったシロザケは寄生虫…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも