[PR]

 その夕方始めて父からの報知(しらせ)に接した。その時代助は婆(ばあ)さんの給仕で飯(めし)を食っていた。茶碗(ちゃわん)を膳(ぜん)の上へ置いて、門野から手紙を受取って読むと、明朝何時までに御出(おいで)の事という文句があった。代助は、

 「御役所風だね」といいながら、わざと端書(はがき)を門野に見せた。門野は、

 「青山の御宅からですか」と叮…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも