[PR]

 「僕にはそれほど信用される資格がなさそうだ」と苦笑しながら答えたが、頭の中は焙炉(ほいろ)の如く火照(ほて)っていた。しかし三千代は気にも掛からなかったと見えて、何故(なぜ)とも聞き返さなかった。ただ簡単に、

 「まあ」とわざとらしく驚ろいて見せた。代助は真面目になった。

 「僕は白状するが、実をいうと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも