[PR]

 米ワシントンを訪問中の翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事は3日午前(日本時間同日夜)、国務省のヤング日本部長、国防総省のアバクロンビー次官補代理代行と会談した。翁長氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画に反対する姿勢を伝えたが、両氏は「辺野古が唯一の解決策」という見解を改めて強調し、平行線に終わった。

 今回の訪米で、翁長氏が米政府関係者と面会するのは初めて。両氏同時に国務省で約1時間半、非公開で会った。翁長氏によると、沖縄戦や米軍統治といった歴史的経緯や、現在も基地が集中している現状を説明。辺野古移設阻止を掲げた県民大会にも触れ、「基地建設はスムーズにはいかない」「米国は日本の国内問題というが、非民主的な形での米軍基地建設の様子が世界に発信される」などと訴えたという。

 両氏は「今後埋め立てを止めるために法的措置をとる可能性があるのか」「辺野古以外の代替案はあるのか」などと質問。ヤング氏は翁長氏の訴えを「上司に伝える」と述べ、アバクロンビー氏は「辺野古が唯一の解決策」との認識を強調したという。

 翁長氏は会談後、「真摯(しん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも