[PR]

 松山市のアパートで昨年12月、住人の女性(当時37)が刺殺された事件で、愛媛県警は4日夜、浄土真宗本願寺派の僧侶、来見佳典(くるみよしのり)容疑者(29)=徳島市八万町千鳥=を殺人容疑で逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 捜査1課によると、来見容疑者は昨年12月16日午後4時半~午後8時半ごろ、松山市千舟(ちふね)町1丁目のアパート3階の一室で、黒田美貴(みき)さんの首を刃物で刺し、殺害した疑いがある。黒田さんは仕事で徳島へ出向くことがあり、来見容疑者と顔見知りだったという。

 来見容疑者は事件当日、車で徳島から松山へ向かい、殺害後に徳島へ戻ったと説明しているという。その夜、黒田さんが自室居間で血を流して倒れているのを訪れた知人男性が見つけた。凶器や黒田さんの携帯電話がなく、県警は交友関係を中心に捜査していた。

 逮捕後、黒田さんの父親は「強…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら