[PR]

 Jリーグの過去の試合のチケットに細工をしてスタジアムに入場しようとしたとして、大阪府警は4日、無職の男(30)=大阪府茨木市=を詐欺未遂の疑いで逮捕し、発表した。「ガンバ大阪のファンで、試合をどうしても見たかった」と供述しているという。

 吹田署によると、男は3日午後6時半ごろ、ガンバ大阪―鹿島アントラーズ戦があった万博記念競技場(同府吹田市)に、日付などを改ざんした別の日のチケットで入場しようとした疑いがある。チケットは4月3日の名古屋グランパス戦のもので、開催月と曜日、対戦相手の部分が紙で貼り替えられていた。

 男は「4月3日は友人と観戦する予定だったが、友人が来られなくなりチケットが1枚余った」と述べ、「もったいなくて納得できなかった」と説明しているという。貼り替えられた部分は別の印刷物から切り抜いたものとみられ、字体や背景の色の違いから入場ゲートのスタッフがその場で気付き、警備中の警察官が任意同行した。(大部俊哉)