[PR]

 みんなで黒いスーツを着て会話まで練習して臨む就職活動には、ついていけない。そんな既卒者を中心にした若者と企業を取り持つプログラムがある。「就活アウトロー採用」。普段着で時間をかけて向き合うスタイルは、画一的な採用からの脱却を目指す企業からも歓迎されている。

 5月21日、大阪市内にあるビルの貸し会議室。Tシャツや短パン姿の「なんとなく世界をブラブラしてきた」若者たちが集まった。「就活アウトロー採用」の参加者たちだ。グループに分かれ、持ち寄ったお菓子を並べた机を囲んだフリートークに、参加企業の担当者が加わる。

 「したくない生き方」について真剣に語り合ったり、「旅先でおいしかったもの」で盛り上がったり。結婚後も仲良くするコツを聞かれた経営者が「毎朝僕が起こすねん。っていうか、なんでこんな話せなあかんの」と言うと、座は笑いに包まれた。

 企業は社名を、若者は出身大学を明かさないのが決まり。トークは延々約3時間続いた。企業担当者は30分ごとに席を移動し、最後に社名と事業内容を紹介した。

 参加した27歳の男性は「多様性を受け入れてくれる企業の人が多いと感じた。楽しかった」と笑顔を見せた。高校の非常勤講師を1年務めてから海外44カ国を放浪した。帰国後、第二新卒(卒業後、数年内に転職や就職を志す人)向けの合同説明会に私服姿で行くと、「だいぶ浮いてた」という。

 こうしたアウトローな若者と、多彩な人材を求める企業を結びつけるプログラムを手掛けるのは、NPO法人「キャリア解放区」(東京都)。昨年度に始めた。29歳までなら既卒でも中退でも可。エントリーシートは不要で、服装も自由だ。代表の納富順一代表(38)は「企業が上、学生が下という関係ではなく、居酒屋で隣り合って話すようなイメージ」を目指す。

 本音を語ってもらうために、3月から若者だけで計5回集まった。「日本社会は生きづらいのか」などをテーマに、時にはお酒を飲みながら話し合い、関係を深めてから、企業関係者が加わる形をとった。

 東京で実施した昨年は若者10…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら