[PR]

 大阪府池田市の大阪教育大付属池田小学校で児童8人が命を奪われ、15人が重軽傷を負った殺傷事件から14年となる8日、同校で「祈りと誓いの集い」があった。

 事件が起きた午前10時10分すぎ、在校生の児童が犠牲者8人の名前を刻んだ塔の鐘を鳴らし、全校児童と教職員、遺族ら約1400人が黙禱(もくとう)した。児童代表の6年生3人は「二度とあのような悲しい事件が起こらないよう、命の尊さ、大切さを、下級生にもずっと伝え続けていきます」と述べた。

 事件当時から同校で勤務する佐々木靖校長(53)は「事件を決して風化させることなく、学校安全の取り組みと発信を継続していく使命を改めて心に刻みたい」と語りかけた。

 事件は2001年6月8日、包丁を持って侵入した宅間守・元死刑囚が教室にいた児童らを襲い、2年生の女児7人と1年生の男児1人が殺害され、児童13人と教諭2人が重軽傷を負った。