[PR]

 佐賀県唐津市の菓子店「伊藤けえらん」が、ようかん「呼子のいか」を売り出す。知名度の高いご当地のイカの生き作りにあやかろうという算段だ。

 米粉と餡(あん)で作る郷土菓子けいらんの老舗だが、1~2日と短い消費期限が全国展開の壁だった。そこで日持ちするようかんに着目、10年かけて開発した。

 特産の甘夏も練り込み、味にひねりも加えた。寒天で出した光沢は本物のイカそっくり。「ビジュアルは最高。決して、刺し身にはしないで」