[PR]

 ペダルのない幼児用自転車のレース「ストライダーカップ」が7日、大阪・南港であった。全国から2~5歳のちびっこライダー計444人が参加した。

 「世界最年少レース」をうたい、年齢ごとに約120~160メートルのコースで競う。人生初の表彰台を狙うわが子のため、スタート直前まで指導する親も。

 2歳の部は愛知県稲沢市の山田士恩(しおん)君が優勝。表彰式でシャンパンならぬ炭酸飲料を渡され、ラッパ飲み。「大物になる予感」と母裕美さん(24)。