[PR]

 テニスの全仏オープン最終日は7日、パリのローランギャロスで男子シングルス決勝があり、第8シードのスタン・バブリンカ(スイス)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を4―6、6―4、6―3、6―4で破り、初優勝を飾った。優勝賞金は180万ユーロ(約2億5千万円)。昨年の全豪に続いて、4大大会での優勝は2度目となった。

 11度目の出場で全仏オープン初優勝を狙ったジョコビッチは、4大大会すべてを制する「生涯グランドスラム」を逃した。

 女子ダブルスではベサニー・マテックサンズ(米)、ルーシー・サファロバ(チェコ)組が初優勝した。第14日の6日、男子ダブルスではイワン・ドディグ(クロアチア)、マルセロ・メロ(ブラジル)組が初優勝。