[PR]

 7日午後4時25分ごろ、島根県益田市有明町の県芸術文化センター・グラントワで講演をしていた元東京都知事の石原慎太郎氏(82)が体調不良を訴えていると119番通報があった。石原氏は救急車で市内の益田赤十字病院に搬送された。

 益田広域消防本部によると、石原氏は搬送時、意識があり、自力で歩くことができたという。救急隊員に「頭が重たい感じがする」と話していた。益田赤十字病院は取材に対し、「お答えすることはできない」としている。

 石原氏はこの日午後、益田青年会議所主催の講演会「市民の力による地域再生」の講師として招かれていた。複数の参加者によると、石原氏は講演開始から約1時間後、言葉が詰まるようになった。頭を手で押さえて「おかしいな」「前に脳梗塞(こうそく)をやったから」などと言って話を中断。少し間を置いて再開しようとしたが、「やっぱりおかしい」などと話して舞台から退き、講演会を中止したという。