[PR]

 安倍晋三首相が予定する戦後70年の談話発表を前に、戦争絶滅を訴え続ける100歳のジャーナリストむのたけじさん=さいたま市=らが、市民による「民衆談話」を作り、賛同人を募っている。「平和への思いを込めた市民の言葉を発信していきたい」という。

 民衆談話は「戦争につながる一切のものを拒否し、真の平和への不断の努力をします」などとする内容。むのさんや、大田堯(たかし)・元日本教育学会長など、埼玉県内在住のメンバーが中心になったという。

 8日、県庁で会見した事務局代表の松永優さん(68)は「こうした民衆談話が全国からわき上がることを期待したい」と話した。集まった民衆談話は7月7日に首相官邸や中国、韓国などの大使館に手渡す予定。問い合わせは戦後70年民衆談話の会のメール(minsyuudanwa@gmail.com)へ。(清宮涼