【動画】「ホンダRA270」幻の映像見つかる=ホンダ提供
[PR]

 自動車レースの最高峰F1に参戦するため、ホンダが初めて製作した第1号マシン「RA270」のテスト走行の秘蔵映像が、半世紀を経て見つかった。車体は解体され、映像の存在も伝えられていなかった。創業者の本田宗一郎氏(1906~91)の様子も映っており、世界一に挑む高揚感を伝える貴重な資料だ。

幻の「RA270」

 1964年2月、三重県の鈴鹿サーキット。日付は判然としないが18日とされている。ステアリングを握るのは、後にF1チームの初代監督となり、常務まで務めた故・中村良夫氏だ。

 当時社長だった本田氏が好んだとされるゴールドに塗られたRA270。その運転席を興味深そうにのぞき込む本田氏。快調にストレートを駆け抜けるマシンを見て、うれしそうに身を揺らす。その脇には、当時専務で後に副社長を務めた故・藤沢武夫氏の姿も見える。これがテスト走行を収めた約2分の映像の内容だ。F1参戦がホンダの社を挙げたプロジェクトだったことがうかがえる。

 ホンダ広報部によると、映像の存在は社内でも伝えられていなかったが、2年ほど前、埼玉県和光市の本田技術研究所の倉庫で、資料を整理していた社員がビデオテープを見つけた。RA270は分解され、現存していないため、当時を伝える貴重な映像だ。

 ホンダはもともと英国の名門チーム、ロータスにエンジンを供給する形で参戦する方針だった。このためRA270は単にエンジン性能を確かめるためのテスト車両で、270馬力を出せるようにと名付けられた。

 ただ、交渉がまとまらず、ホン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら