[PR]

 日本年金機構の個人情報流出問題で、ウイルスに感染したパソコンが、国内や米国などの少なくとも6サーバーと不審な通信をしていたことが内部文書などからわかった。警視庁は、利用者が気付かぬうちに、犯行グループが国内外のサーバーを乗っ取り、遠隔操作をして情報を抜き取ったとみて調べている。

 「なぜ、うちのサーバーなのか。早く全容を解明してほしい」

 東京都港区の海運会社の社長は、取材にこう話した。この会社のサーバーからは、機構から流出した個人情報が蓄積されていた痕跡が見つかった。サイバー攻撃を受けた心当たりはなく、コンピューターにも異常はなかったという。

 機構のパソコンが5月21~2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら