[PR]

 ふだん通い慣れている駅で、足元の床をじっくり眺めたことはありますか。よく見ると、ご当地名物や遊び心がひそんでいることも。そんな「駅床アート」。あなたは、いくつ気付いてますか?

 1日85万人が利用するJR大阪駅。駅の中央改札前の長さ100メートル、幅8メートルほどのフロアに、黒とグレーの不規則な模様が並ぶ。実はこれ、巨大な迷路。記者が実際に歩いてみたが、思っていたより難しい。2度ほど行き詰まり、ゴールにたどり着いた時には、3分以上過ぎていた。

 なぜ、迷路なのか。1990年の駅の改装時にこの床をデザインした東環境・建築研究所(東京都渋谷区)は「遊び心。気付いた子どもたちが、こっそり楽しんでくれればうれしい」。この迷路は、2007年の床の張り替え工事で、さらに進化した。タイルの濃淡が強くなり、スタートとゴール地点に、5センチ角の黒い御影石が埋め込まれた。おかげで気付く人が少し増えてきたという。

 迷路をデザインした同研究所の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら