[PR]

 「来たか」、父は穏やかに今後の心つもりを尋ねた。独立も洋行も、父の前提となるのは資産家佐川の娘との縁談だ。そんなにその娘をもらう必要があるのかと問う代助に父は、嫁を持たせるのは親の義務、佐川の娘でなくてもいい、こちらの都合も少しは考えたらいいだろうと怒りをあらわにした。代助は三千代の来訪を心待ちにしていた。昼寝中の訪問を知り、なぜ起こさなかったかと門野に怒りを向けるが、すぐに戻ると聞いて機嫌を直す。

こんなニュースも