[PR]

 京都・洛北を走る叡山電鉄(京都市左京区)が、13日から1日乗車券付きのうちわを発売する。鞍馬線鞍馬駅で開催中の納涼イベント「悠久の風~南部風鈴によせて」をPRしようと、初めて企画された。「悠久の風きっぷ」と名付けられ、叡山電鉄全線で何度でも乗り降りできる。価格は千円。竹の骨で、うちわとしても長く使えそうだ。販売は出町柳駅のみで、9月30日まで。

 「悠久の風」は、鞍馬駅の駅舎やホームに、約190個の南部風鈴を取り付け、沿線の涼しさを体感してもらおうというイベント。1日乗車券のうちわで風を起こし、様々な音色を楽しんで欲しいという。(戸村登)