[PR]

 JR東日本の冨田哲郎社長は9日の定例会見で、上野―札幌間を結ぶ寝台特急カシオペア(12両編成)について「車両も老朽化し、安全上の問題もある。一定の時期には判断せざるを得ない」と運行終了の可能性を述べた。

 カシオペアは1999年7月にデビューし、現在は臨時列車として週に3往復運行している。