[PR]

 NHKは9日、新放送センターの建設地を渋谷区神南2丁目の現有地に決めたと発表した。2020年の東京五輪・パラリンピック後に着工して順次建て替えし、ニュースセンターなどは5年後の運用開始を目指す。工期終了まで約20年かかる見通しだが、NHKは「出来るだけ早期に終えたい」としている。

 会見で籾井勝人会長は、都内の別の場所への移転も検討したことを明らかにしたうえで、「現在の場所であれば土地の取得費用が不要でアクセスがよく、(関連会社などを含めた)全ての機能を集約できる」と理由を説明した。これまで建て替え費用は、移転を前提に約3400億円と見積もっていたが、籾井会長は「(当初より)高くなるか安くなるかは全く分からない」と語った。NHKによると、建て替えのための積立金は昨年度末の時点で1348億円だという。

 現在の放送センターのうち最も古い部分は、1964年の東京五輪の国際放送センターを改修したもので、築50年を超す。NHKによると、現在の建物の最も高い部分は23階建てだが、現有地はその後風致地区に指定され、建物の高さは15メートルに制限されている。新放送センターは、総床面積が現在の約23万平方メートルから約26万平方メートルに増える予定だ。井上樹彦理事は「渋谷区とは、街づくり全体の構想を含めて話し合っており、規制の緩和を前提に進めている」と話した。今後1年間かけて基本計画を練るという。(後藤洋平、滝沢卓)