[PR]

 今国会で審議されている労働者派遣法の改正案に対し、派遣で働く人たちに不安が広がっている。企業は人を代えれば派遣をずっと受け入れられるが、派遣で働く人は専門業種も含めて3年ごとに仕事を失う恐れがあるからだ。不安定な働き方が固定化されてしまうとの不安は根強い。

28歳、2年半で10社に勤務

 大阪市内で働く女性(28)は、関東地方の公立大学を卒業して3年余り。この2年半は派遣として働く。短期アルバイトも含め、書籍制作にかかわる今の出版社で10社目。自身の契約は7月までの約7カ月間。今までで最長だ。

 「長く安定した働き方をしたくても、最近の求人は短期の仕事ばかり。えり好みはできない」。年齢的にも早く正社員にと思い、応募はしているが面接に至らないことが多い。

 派遣法改正案が成立すれば、企業は人を代えればずっと派遣を受け入れられる。正社員の求人は減り、派遣の多くは最長3年で職を失うと懸念される。

 自分のような働き手をさらに生み出すことを、法が追認することになるのではないか。「若者が絶望する改正法案と言っても、大げさとは思いません」

 望んで「派遣」になったわけではない。

 就職活動していた大学生のとき、東京電力の福島第一原発事故が起きた。放射能汚染への不安を抑えきれず、自主避難を決めた。親の反対を押し切り、2012年秋、寮があり正職員を募集していた大阪市内の医療法人に就職。しかし、「診療業務の補助なのに十分な研修や説明もないまま器具を持たされた。『動きが悪い』と2日で職場を変えられ、いくつもの職場に回された」という。2週間足らずで解雇。派遣に登録したのはその翌月だった。

 派遣はたいてい1カ月の短期か3カ月の更新。時給1200円前後で百貨店やイベントでの販売、貿易事務、コールセンター業務に就いた。交通費は自己負担のため片道300円までで紹介してもらうが、週5日働けば月1万円ほどになる。気づかないうちに無保険状態のこともあった。

 月の収入を額面18万円にはし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら