[PR]

 日本年金機構は12日、個人情報流出問題で設けた年金受給者や加入者向けの専用電話窓口(0120・818211)を当分の間、続けると発表した。これまでと同じ午前8時半~午後9時に連日、受け付ける。開設当初は15日以降の対応を決めていなかったが、依然として相談が多いため同様の態勢を続けるという。

 機構によると、専用電話窓口には1~11日に約42万件の相談が寄せられた。また、全国の年金事務所314カ所(2分室を含む)では、原則6月のすべての土日に「休日年金相談」を開く。午前9時半~午後4時で、電話に加えて対面での相談にも応じるという。